O型ハゲの治療成分フィナステリドとミノキシジル

頭頂部の髪が薄くなる、いわゆる「O型ハゲ」は男性に起こりやすいと言われています。
O型ハゲになってしまう原因と言われているのが、「AGA」です。
AGAは男性型脱毛症とも言われており、この名前の通り男性に多いのが特徴と言われています。

テストステロンという男性ホルモンが、5αリアクターゼという酵素により、ジヒドロテストステロンへと変化する事で、AGAは発症します。
ジヒドロテストステロンは、髪を作る部分「毛乳頭」の働きを抑制してしまうのです。
毛乳頭が働かなくなれば、当然髪が生える事はありません。
ただAGAの場合、毛根自体は残っているのでジヒドロテストステロンの生成さえ押さえれば、髪が生えてくる可能性があります。

スキンクリニックなどでは、AGAによるO型ハゲの治療として、フィナステリドとミノキシジルという、2種類の内服薬を処方するケースが一般的です。

フィナステリドはプロペシアとも言われており、5αリアクターゼの働きを抑える作用があります。
5αリアクターゼが活発に働かなければ、AGAの原因となるジヒドロテストステロンも、作られにくくなる為、発毛の効果が期待できます。
ミノキシジルは頭皮の血行を改善する作用のある内服薬です。
頭皮の血流が悪い状態だと、毛根に十分な栄養が行き渡らず、発毛効果も落ちてしまいます。
ミノキシジルを服用する事で、毛根に栄養を与え発毛を促します。
AGAは男性ホルモンが原因の薄毛ですので、ミノキシジルはフィナステリドのサポートという形で、処方されるケースが多いようです。

フィナステリドとミノキシジル内服薬での治療は、1ヶ月につき約1万5000円から3万円程度が相場となっています。



トップページへ