放置するとM字ハゲになるからフィナステリドで予防

男性の薄毛の特徴として頭頂部がO型にハゲていくのと、前髪付近がM字ハゲになる2種類が圧倒的に多いです。またどちらかが先にでるのか?それも特徴であり、そして放置しておくと、どちらも併発するのが特徴と言えるでしょう。放置するとどんどん進行が進むことから、治療を開始しなければその進行を止めることはできません。その進行の止め方としてフィナステリドがあります。もちろんO字型ハゲもM字ハゲにも効果がある成分です。

放置することで進行しますが、このフィナステリドが含まれた医薬品というのは特別何をするわけでもなく、ただ内服をすれば良いだけの医薬品です。1日に1回の内服薬を毎日欠かさないようにしっかりと服用するだけの治療になりますので、誰でも行うことができるでしょう。このフィナステリドが含有された医薬品で、世界中で最も有名な薬はプロペシアです。もちろんAGA専門クリニックで処方してもらうこともできますが、最近はいろんなクリニックでも処方できるようになっていますので、フィナステリド含有のプロペシアを求めることに苦労するということは少ないはずです。

またこのフィナステリド含有医薬品というのは、主に脱毛予防や育毛効果があります。これを服用することで、抜け毛を抑えて頭髪が黒くなる医薬品ですが、発毛するのかというと厳しいというのが一般的な意見です。発毛剤としてミノキシジルがありますが、この成分はM字ハゲには効きにくいといった特徴もあります。またAGAそのものが治療が早ければ改善しやすいといった傾向があります。少しでもM字ハゲが気になるのであれば、早急に治療を開始することをおすすめします。内服するだけで抜け毛を防ぐことが可能です。



トップページへ