抜毛の症状を医師に相談してフィナステリドを処方

まず抜毛が多いと感じるのであれば、自分の抜毛を観察してみてください。その抜毛の先がとがっていて細くなっているのであれば、AGA男性型脱毛症である可能性が高まります。最近は良い医薬品が登場したことで、抜毛を抑えることができます。AGA治療を行うことができる環境が整っていますので、まずは医師に相談してみましょう。

医師といってもいろんな病院があります。もしお金に余裕があり、徹底的に自分の薄毛と向き合いたいのであれば、AGA専門クリニックの医師に診てもらいましょう。最先端の治療を受けることが可能です。また取り敢えずAGA治療を行いたいというのであれば、AGA治療薬を処方できるクリニックを行きましょう。フィナステリドが含有されている医薬品が処方されます。

このフィナステリドというのはAGA治療で絶対といっていいほど用いられる医薬品です。AGAは抜毛や育毛の阻害する男性ホルモンが産生されることで起きます。この男性ホルモンを抑える効果がフィナステリドにあることから、まずはこの治療薬が最初に処方されることになるでしょう。またAGAの特徴として、症状の自覚が早ければ早いほど効果覿面といった傾向があります。抜毛が多いことに気付いたときに服用することで、改善の可能性が高くなります。

またこのフィナステリドは副作用が少ない医薬品としても知られていますので、多くの男性が服用できます。こんなにも優れている医薬品になりますが、ただひとつデメリットがあります。クリニックで処方されるとなると、保険が使えないことから医療費が高くなります。常に飲み続けなければならない医薬品ですので、医療費の問題は決して無視できない事案になるでしょう。



トップページへ