フィナステリドの個人的な輸入は違法?

個人的な輸入であれば違法ではありません。しかし個人的な輸入といっても様々な理由があるでしょう。この場合は、自分が使う分であれば問題ないです。他の人に譲ったり売ったりする行為は違法になりますので、その点だけは気を付けるようにしましょう。個人輸入代行業者を利用する人も増えてきましたが、このことだけはしっかり守っていれば、特に問題もなく罪も問われませんので安心してください。

フィナステリドが含有されている医薬品はAGA治療薬では欠かせません。クリニックでも購入することができますが、クリニックで処方されるとすべて自己負担になることから、このような個人輸入という形で購入している人も多いです。個人輸入代行業者ではクリニックにない値段で販売されていますので、大きなメリットがあります。しかし個人的な輸入以外にも注意することがあります。その点に気を付けて利用するようにしましょう。

フィナステリドは非常に副作用が少ない成分になると有名です。AGA治療薬に欠かせない成分になるフィナステリドを用いて重篤な副作用が生じたい人は少ないですが、残念なことに絶対というものはありません。副作用が生じる可能性も少なからずあります。もしそのような時は、公的な助けを得ることができません。医薬品副作用被害救済制度というものが日本にはあります。個人輸入代行業者から購入した医薬品で副作用が生じた場合は、その制度を受けることができません。

よって個人輸入代行業者を利用する場合は、本当に自分で使用しても良い医薬品なのを確認することが求められます。まずはクリニックで診察をしてもらいましょう。診断をしてもらうことで原因も特定でき、安心して使える環境を自ら整えることができます。

日本国産のフィナステリド配合治療薬

どんな時もメイドインジャパンは信頼できるという人も多いはずです。AGA治療で絶対に用いられる医薬品成分であるフィナステリドは、治療を始める人であれば絶対に無視できない医薬品です。この成分が配合された医薬品として知名度が高いのがプロペシアです。もちろん国内産のプロペシアを購入することができます。日本のクリニックはそのほとんどが日本産のプロペシアを扱っていますので、国産のフィナステリド含有医薬品を入手したいのであれば、日本のクリニックから処方して貰いましょう。最近はプロペシアの正式なジェネリック薬品も販売されていますので、安く手に入れることができるはずです。

しかしこのような方法でフィナステリド含有医薬品を入手すると、医療費が高くなってしまいます。その理由はAGA治療は保険診療にならないからです。すべて自己負担になり、いつ保険が適用するようになるのかはまだわかりません。これからずっとそのような状況が続くでしょう。そのような医療費の問題で、海外からフィナステリド含有医薬品を購入しようとするAGA治療をしている人が多いです。特筆するべき点は、国内産のプロペシアと海外のプロペシアは同じ成分であり、そして肝心なフィナステリドが含有されている医薬品をもっと安く購入できるメリットが海外にあります。

購入方法としては、個人輸入代行業者から仕入れることになります。輸入といっても通販サイトを利用するような形で購入することになりますので、特別な手続きをする必要はありません。個人輸入代行業者から仕入れるという方法もありますが、まれに偽物を扱っている業者もあります。正規品を取り扱っているか?良く見定めることが必要になる購入方法です。

フィナステリド錠は子作りに影響が出る?

少なからず影響があると言えるでしょう。フィナステリドはAGA男性型脱毛症に用いられる医薬品になり、AGA治療を開始するのであれば、必ず処方される医薬品です。脱毛原因や育毛を阻害する男性ホルモンを作らせない効果があり、1日1回服用するといった手軽な治療になっていますので、多くの薄毛に悩む男性が手軽に治療を始めることができます。

このフィナステリドは女性、特に妊娠中の女性は触れてもいけない禁忌されている医薬品になります。胎児にフィナステリドが与える影響としては、性器の異常があげられます。そのことから子作りに影響があると懸念する人も多いようです。実際検査したところ、精液そのものに微量のフィナステリドが認められたという報告はありますが、胎児や女性に影響があるほどではないので、今のところは安心できるといったところです。しかしまだこのフィナステリドやAGAそのものの研究が途上段階ですので、はっきりとしたことは言えないのが事実です。子作りを検討しており対策を練っているのであれば、一時的に服用をやめるといったことも選択になるでしょう。

フィナステリドを服用している時は、献血をしてはいけないと言われており、献血する場合は、1ヶ月間服用を中止しなければなりません。よって子作りを検討しており、精液に含まれるフィナステリドに懸念しているのであれば、1ヶ月間は服用を中断したほうが良いことになるでしょう。

その他にフィナステリドが与える影響は、勃起不全や性欲減退が挙げられます。男性ホルモンをコントロールすることから、このような現象が生じると言われています。確率としては非常に小さいですが、いずれも子作りを考えている人の懸念材料になるのは確かです。



トップページへ